遠野の道風徳香.. を        のんびりと描写中。


by k1okudake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

*故郷の山にむかひて...

   遠野Times*..
c0072785_21513615.jpg
   *「故郷の山に向かひて、いふことなし。」...故郷の山は、ありがたきかな。
                                           *啄木
                               2005.8.31 「okudake &師匠」
[PR]
by k1okudake | 2005-08-31 21:55 | Tono Times*
c0072785_2331412.jpg

  「♪夏もそろそろ終りね。」と...君がいう~
   浴衣姿で-線香花火*
  
   連夜の雷雨は今日はおさまり、手持ち花火で去り行く夏の夜を満喫しました。
   「処暑の夜...花火で照らす 秋の気配...。」いとをかし(^_-)-☆。
[PR]
by k1okudake | 2005-08-23 23:17 | Tono Times*
c0072785_22214452.jpg
 フライで鮎を釣ってみよう(^_-)-☆と..思い!毛鉤を準備して早瀬川へあっ君と出発しましたが、「どぶ釣り」は禁止と聞き...即、退散しました(笑
 気の毒に思ったのか、鮎師が10匹も(喜  おすそわけしてくれ..
 遠慮なく、塩焼きで美味しく頂きました-。
 
 来シーズンは、「自分で釣った鮎を食べさせたいな~。」とっ、思ったど...。
 
                                               どんどはれ-。
 ママは...(汗;
[PR]
by k1okudake | 2005-08-21 22:30 | Fly Times*

*ぼくの夏休み-2

  夏休み..遠野にてFF釣行中のfukuさん。
  2年ぶりの再会でした。
c0072785_11251322.jpg


   こども達にこの上ないプレゼントを頂きまして
   どうも、ありがとうございました!(^_-)-☆

   夏休みの「いい思い出...。」となりました。    「okudake.」
[PR]
by k1okudake | 2005-08-20 11:33 | Fly Times*

*高原の空

    さわやかな風につつまれて、「2005.夏」を肌で感じる。
    父・「いいとこだねー。」-☆
    皆・「うん!」(^_-)-☆
c0072785_20532121.jpg
   水も清らかで、心が洗われるようでした。
   一の滝:撮影データ 2005/08/17 13:28:21.8





     雲も近いね~...。
  
     合併を迎える宮守村の高原にて。
[PR]
by k1okudake | 2005-08-17 21:29 | Tono Times*

*ぼくの夏休み-。

  三男・ 「これ、なあに~?..」
  長男・「セミのぬけがらだよっ-。」

c0072785_2059952.jpg


  三男・ 「すっげ-っ!」
  
  次男・ 「あしたっ、かぶと虫つかまえにいこう!」

  一同・ 「おうっ!」

   父 ・ 「みんな、起きれるかな~?...がんばれ-!」(^_-)-☆
  
[PR]
by k1okudake | 2005-08-13 21:09 | Tono Times*
     偉大な自然がアーチスト♪
    豊かな景色につつまれる...


      昭和と平成の現在進行形(^_-)-☆

     一日市商店街の七夕と国際フォーラム(環境博)にて...
  

[PR]
by k1okudake | 2005-08-12 21:32 | Tono Times*

*ペア

上から
*「水光園の水車」

*一日市商店街の七夕祭りにて、「恋人」・「友達」

*「シーソー」遊び。 

二つ以上そろって..やっと一つのことができる...って身近では、多いような気がする...。

narcissist篇...(笑
[PR]
by k1okudake | 2005-08-11 21:26 | Tono Times*

遠野の*原風景?


c0072785_205611.jpg
 
しし踊り」に夢中...廃校となった小学校跡地にて..

[PR]
by k1okudake | 2005-08-10 21:03 | Tono Times*

遠野の*原風景-2


遠野郷が多くの人に懐かしさを感じさせるのは..
その「既視感」にあるという。
「この風景はいつかどこかで見た風景だ...」
何かゆえ知らず心が騒ぐ、と..。

日本人の普遍的感性に訴える心の原郷、約束の地でもあるのだが、それはおそらく...
遠野郷を隅取る信仰の気配にあるのではないだろうか。
『遠野物語』の展開のほとんどは、山中で遭遇した不思議な体験であり、信仰の祖形として、神道でも仏教でもない山の神様に逢着する。遠野人は、死後、山の神のもとに還るという信仰を持っていた。それは、開花と落花を繰り返す一木一草と同様、生まれ、暮らし、子孫を残し、死んでいく、その当たり前の人生を、坦々と野太く生き抜くことでもあった...とさ。遠野風詩より..

遠野の風土には、風趣がある。
[PR]
by k1okudake | 2005-08-08 21:40 | Tono Times*